現実にコンピュータの画面の前で動いている為替レートを眺めていると、何となく売買をしなくてはいられないという思いに影響される事も少なくないと思います。だが、あやふやな考えで売買することは絶対にしてはいけません。ご存知の通り、為替相場は四六時中休みなくどこかの国で為替市場がやっているし、市場もいつでも、上がったり下がったりします。しかし、だからといってエントリーをするとその分損失を被る率が上がります。無論、注文の数を増やすことによってトータルで勝ち負けの可能性が五分五分に近づくのは事実です。でもこの事実は「なんとなく直感で取引」することとは別の問題です。エントリー回数を増やすという意味は、自分で「ここはいける」と直感した勝算を得られた場面での売買回数を積むという事です。ただ、絶え間なく取引を繰り返すのとはかなり違う。市場の戦いにi挑むには自分が考えてメリハリをつけることこそが必要です。「ここで勝負」とよく考えた為替相場の時には迷わず所持ポジションを買い増して、集中して儲けを追求します。「かなり難しい為替相場で、どう上下するのか読めないな」と思った時は、潔く諦めて売買ポジションを諦めて静観します。このくらいのテンポでやった方が結果的には売買は成功します。為替相場の金言には「休むも相場」というものがあります。実にその通りだと思います。FXとは常にポジションを保持する事が大切ではなくポジションを保有せずじっと見ていることも場合によっては、FXです。では、どの場面で休みどきなのでしょうか。最初に言われるのが先述の通り、これから先の相場展開がしっかりと良く見えない時です。ここからどうなるのか決断できない時は、何も考えず行動すると、自ら考えた台本とは逆に相場が向ってしまい、損する事になってしまいます。このようなケースではポジションを整理して、何もせずに様子をみるのが良い方法です。ふたつめは、自分の体の状態が悪いときです。健康状態と市場に関係ないと感じる投資家もいるでしょうが考えている以上に関係があります。コンディションが思わしくなければ、外国為替相場の決断しなければいけない状況で正しい判断を下すことが出来ない場合が多くなります。気分が乗らない時は市場から目をそらす事も大事なことだ。

Copyright © 2002 www.ernie-cindy.com All Rights Reserved.