為替介入(外国為替平衡操作)という言葉をご存知でしょうか?日銀が為替介入をして新聞記事、雑誌記事、テレビのニュースグーグル等の報道でご覧になった方も多いと思います。元来為替介入(外国為替平衡操作)というと日本では、◯大臣(財務大臣)円相場の安定化を保つように実施する措置ということで評価されています。簡潔に言うと、激しい円高や円安が発生すると財務大臣のお達しが出ると日銀が円を取引することで為替のレートの安定化を狙う、ことを言います。為替の介入にはいくつか種類があります。1.単独介入・・・政府機関・日銀が東京市場で市場に参加し為替介入を行なう。2.協調介入・・・銀行などが協議し、各々の通貨当局の資産を用い同時もしくは続けて為替介入(外国為替平衡操作)を行なう。3.委託介入・・・異国の通貨当局に向けて介入の実施を託す。4.逆委託介入・・・日本銀行が他国の通貨当局の代わりに為替介入(外国為替市場介入)を行なう。こんなやり方です。いずれの為替介入(外国為替平衡操作)も一時期、または当分市場に効果を与えることになります。外国為替平衡操作(為替介入)のお金は国家の誇りをかけて行なうのですからスケールが大きいです。円を元に考えると、いつもは数銭ごとに変化している円レートがいきなりかなり変化をします。個人の投資家の方であれば一回くらいは体験したことがあると思うのですがそこまでは順当に含み資産(もしくは含み損)を増やしていた持ち高を持続していたのに、保持しているポジションが決済しましたとの通達が業者よりメールが・・・どれだけ得したのかな(損益が出たのかな)?と気にしつつ決済後の状況を確認すると、自ら見込んでいた結果とは正反対の結果になり度肝を抜かれたことがあるのです。介入が行なわれた際に多く聞く話です。為替の介入が施行されることで為替の変動と反対の変化をすることがわかりました。まして変化する金額の大きさは非常に大幅に変動しますので用心が必要なのです。

Copyright © 2002 www.ernie-cindy.com All Rights Reserved.