為替介入(外国為替平衡操作)というのを知っていますか?日銀が為替の介入をして新聞、テレビのニュースグーグルの記事で見かけたみなさんもいると思います。ライザップ 池袋

元から為替介入(外国為替平衡操作)は日本では、◯財務大臣が為替のレートの安定化を実現するために実行する方策と見なされています。ライザップ 千葉

簡潔に言えば、急激な円高もしくは円安の場合に財務大臣の指示によって日銀が日本円を取引することで為替相場の安定をさせるものです。

外国為替市場介入(為替介入)は方法があるのです。

1.単独介入・・・行政または日本銀行が、東京市場で直接市場に参加し為替の介入を行なう。

2.協調介入・・・通貨当局が話し合い各銀行などが金を利用して同じタイミングまたは断続的に外国為替市場介入(為替介入)を行なう。

3.委託介入・・・外国の通貨当局への外国為替市場介入(為替介入)を任せる。

4.逆委託介入・・・中央銀行(日本銀行)が国外の銀行などの代わりに外国為替平衡操作(為替介入)を実施する。

こんなようなやり方があります。

どの外国為替平衡操作(為替介入)も短期に、当分為替市場に大きいインパクトを与えることになります。

外国為替平衡操作(為替介入)の額は当然のことですが国家の誇りをかけて行なうのですからスケールが違うのです。

円を元にしてみると、通常は数銭ごとに動いている円相場が突然数円の動きをするのです。

個人の投資家の人なら一回くらいは経験していると考えますが今まで順当に含み資産(もしくは含み損)が多くなっているポジションを持っていたのですが、その保有高が決済しましたという連絡が業者からメールが・・・どのくらい儲けが出たのかな(赤字になったのか)?と考えながら決済通達を確認したら自分が考えていた事と反対の内容になってしまい息を飲んだということがあるのです。

為替介入が実施された際に多く聞いた話なのです。

このように為替の介入が実行されると、為替市場の動向と逆の変動をします。

変動する金額の大きさは非常にでかく変化しますので用心が必要なのです。

Copyright © 2002 www.ernie-cindy.com All Rights Reserved.