FXについては取引所取引というものがあります。

平常の外為(FX)業者と売り買いを実行するものを「店頭取引」と呼びますがこれは取引所を通過させず商いの目標は外為取引企業になるのです。

「取引所取引」という取引所はFX(外国為替証拠金取引)会社は仲介役であるので、ダイレクトなビジネス対象は取引所との事になるのです。

この違いをこの場でちょっと比べていきましょう。

まず初めに「店頭取引」の場合は預け入れておる証拠金は外為企業にコントロールされているのです。

一方「取引所取引」の際、こちらの証拠金は総額取引所にデポジットしなければいけないと義務づけられているのです。

そうすることによりもしも外為業者が経営の行き詰まりをしてしまう問題が万が一あったとしても取引所取引は取引所によってお金は総額防衛してもらうことになります。

店頭取引の場面は外為(FX)業者がコントロールしているので、景況によっては会社パンクの巻き添えをの傷を受けて寄託していた証拠金は防護されないかもという可能性があります。

そして税金面から言っても両者では基準に相違が見受けられます。

「店頭取引」では、変動利益やスワップ利息などを雑所得として月給と総額で申請しなければなりません。

されど確定申告しないで良い時もありますので、我に共通するか当てはまらないか念入りに確認してください。

万が一貴方がサラリーマンで年収二千万円以下、給与所得他手取りが20万円以下(複数の事業者から給与所得が無いということ)というようなのような条件を守っているということであれば特例として確定申告はする必要がないです。

FX(外国為替証拠金取引)もうけが20万円以上の際は確定申告をするようにして下さい。

税金の度合いは稼ぎに応じて5〜40パーセントの6段階に分類されていて収入が高いようであればtaxも高騰します。

「取引所取引」においては、利益があるのならばそれ以外の所得とは別口として「申告分離課税」のターゲットとなります。

税の割合は一律20%となるのですがもし欠損が断定されたならば「取引所取引」の利益として赤字分を翌年以降に繰越することができます。

上記から読んでも、「取引所取引」の方が「店頭取引」よりも価格が少ないtaxになる時というのもあるので照らし合わせて見ていった方が良いでしょう。

分けてもビギナーのケースは、株価の変化や円の状況に毎日気配りし、収益や損失に興奮するがために、税金の物事を忘れたかのようになってしまうこともありますので、気をつけましょう。

損は困ります。

でも、利益が上がれば税金についても増えるので意識と意識が大事でしょう。

Copyright © 2002 www.ernie-cindy.com All Rights Reserved.