ある人が破産を申告するまでの期間は負債者当人に対して電話を使う借金徴収と負債のある本人の住所への直接訪問による徴収は違法というわけではないと考えられています。

さらに、自己破産申請の書類手続きに入ったあと請求までに無駄な時間があった場合には債権保持者は無理矢理な返済強要を行ってくる危険が増加します。

債権保持人側にとっては債務の清算もしないままかつ自己破産のような公的な対応もなされないといった状況だと組織の中で完了処理をなすことができないからです。

また、債権保有人の中には専門の人間に依頼していないと知ると、相当強引な締め上げ行為を繰り返してくる債権人もあります。

司法書士法人か弁護士の人に助けを求めたケースでは、個別の債権保有人は借金した人に対しての直接徴集を行うことができなくなります。

頼みを把握した司法書士の担当者もしくは弁護士は案件を受けたという内容の文書を各権利者に送付することになり各債権者がその通達をもらったとき債務者は取り立て会社による激しい返済請求から解放されるわけです。

ここで、取り立て企業が勤務先や故郷へ訪れる返済請求は借金に関する法律のルールで禁止事項になっています。

貸金業で登録している会社であれば職場や親の自宅へ訪問する収金は貸金に関する法律に抵触するのを把握しているので、違反だと言えば、徴集を継続することはないと思います。

申し立て後は当人に向けての取り立てを含んで、例外なしに集金行為は禁じられますので、返済要求がなくなることでしょう。

しかしながら、ときどきそれを知りながら連絡してくる債権者もないとはいえません。

貸金業として登録している企業であれば自己破産に関しての手続きの後の返済要求がガイドラインに抵触しているのを理解しているので、違法だと伝えれば、そういう収金をし続けることはないでしょう。

とはいえ、闇金融と呼ばれる登録外の企業についてとなるとこの限りにはならず、過激な徴集行為が原因の被害事件があとを絶たないという現実があります。

闇金が取り立て企業の中にいる場合はどういう事情があれ弁護士法人か司法書士の方などの専門家に相談するようにするといいと考えます。

Copyright © 2002 www.ernie-cindy.com All Rights Reserved.